シンデレラの英語聞き流しリスニング教材

クイーンズ・イングリッシュによるシンデレラの聞き流しリスニング教材がYouTubeにアップロードされました。



全文と日本語訳はこちらです。


ONCE UPON A TIME a girl named Cinderella lived with her stepmother and two stepsisters.  Poor Cinderella had to work hard all day long so that the others could rest. It was she who had to wake up each morning when it was still dark and cold to start the fire.  It was she who cooked the meals. It was she who kept the fire going. The poor girl could not stay clean, from all the ashes and cinders by the fire.


むかしむかしシンデレラという名前の娘が義理の母と2人の義理の姉と暮らしていました。かわいそうなシンデレラは毎晩遅くまで働かされていました。義理の母と姉がゆっくり休めるように、毎朝早くにおきて、まだ暗くて寒い中でも火をたいて、ご飯を作っていました。火が消えないように薪を足さなければいけなく、かわいそうなシンデレラはいつも焚き火のススや燃えがらで汚れていました。


“What a mess!” her two stepsisters laughed.  And that is why they called her “Cinderella.”


「なんてだらしないの!」と笑う義理の姉たち。これが理由でシンデレラと呼ばれる(灰かぶり姫)ていました。


One day, big news came to town.  The King and Queen were going to have a ball!  It was time for the Prince to find a bride. All of the young ladies in the land were invited to come.  They were wild with joy! They would wear their most beautiful gown and fix their hair extra nice. Maybe the prince would like them!


ある日、大きな知らせが町に届きました。王様とお妃様が舞踏会を開催することになったのです。王子様の花嫁を探すための舞踏会です。王国中の年頃の女性はみんな招待されました。知らせを聞いた村人は大喜びしました。一番綺麗なドレスを着て、髪をとびきり綺麗に準備しました。もしかしたら王子様の目に止まるかもしれません。


At Cinderella’s house, she now had extra work to do.  She had to make two brand-new gowns for her step-sisters.  


シンデレラはいつも以上に仕事をしなければ行けませんでした。義理の姉たちのために新しいドレスを作らされていたのです。


“Faster!” shouted one step-sister.


“You call that a dress?” screamed the other.  


“Oh, dear!” said Cinderella.  “When can I–“


The stepmother marched into the room.  “When can you WHAT?”


“Well,” said the girl, “when will I have time to make my own dress for the ball?”


「急ぎなさいよ!」


義理の姉の一人が叫びます


「こんなのをドレスと呼べると思う?」


もう一方が皮肉を言います


「はぁ〜」とため息をつくシンデレラ


「もし私も」


そのとき義理の母が部屋に入ってきて言います


「もし私もなんですか?」


「そうね」とシンデレラ


「舞踏会用の自分のドレスを作る時間もいただけないかと思って」


“You?” yelled the stepmother.  “Who said YOU were going to the ball?”


“What a laugh!” said one step-sister.


“Such a mess!” They pointed at Cinderella.  All of them laughed.


Cinderella said to herself, “When they look at me, maybe they see a mess.  But I am not that way.  And if I could, I WOULD go to the ball.”


「あなたの?」


とまくし立てる義理の母


「誰があなたも舞踏会に行けると言ったの?」


「笑えるわ」


と義理の姉


「ありえないわ」


シンデレラを指差しながら


3人で大笑いしました


シンデレラは自分自身に言いかけます


「あの人たちは私を見るとだらしくて汚い女だと思うでしょうけど、私はそんなんではないわ。もし私も許されるのであれば舞踏会に行きたい」


Soon the time came for the stepmother and step-sisters to leave for the big party.

Their fine carriage came to the door. The stepmother and step-sisters hopped inside.


And they were off.


“Good-bye!” called Cinderella.  “Have a good time!” But her stepmother and step-sisters did not turn around to see her.


そうこうしているうちに義理の母と姉が舞踏会に行く日がきました


馬車が家の前まで迎えにきて、義理の母と姉は馬車に乗り込み舞踏会に出発しました。


「いってらっしゃい」とシンデレラ


「楽しんできてね」


しかし義理の母と姉はシンデレラの方を振り返りもしませんでした。


“Ah, me!” said Cinderella sadly.  The carriage rode down the street.  She said aloud,


“I wish I could go to the ball, too!”


Then - Poof!


All of a sudden, in front of her was a fairy.


“You called?” said the fairy.


“Did I?” said Cinderella.  “Who are you?”


“Why, your Fairy Godmother, of course!  I know your wish.  And I have come to grant it.”


「あ〜、なんてこと」


シンデレラは悲しげに浸ります


馬車が道を進みます


シンデレラは声を荒げて「私も舞踏会に行きたい!」


「そしたら行きなさい!」


突然妖精さんがシンデレラの前に現れました


「私を呼んだ?」と妖精さん


「私が?」とシンデレラ


「あなたはどなた?」


「誰って、もちろん親切なおばさんよ」


“But…” said Cinderella, “my wish is impossible.”


“Excuse me!” said the Fairy Godmother in a huff.  “Did I not just show up out of thin air?”


“Yes, you did,” said Cinderella.


“Then let me be the one to say what is possible or not!”


“Well, I think you know I want to go to the ball, too.” She looked down at her dirty clothes.


 “But look at me.”


“You do look a bit of a mess, child,” said the Fairy Godmother.


“Even if I had something nice to wear," said the girl, "I would have no way to get there."


“Dear me, all of that is possible,” said the Fairy. With that, she tapped her wand on Cinderella’s head.


「あなたの望みは知ってるわ」


「私はそれを叶えにきたの」


「でも、、」とシンデレラ


「私の願いは実現できっこないわ」


「いい?」と妖精さんは腹を立てながら


「私がただいきなり出てきたと思ってる?」


「そうよ」とシンデレラ


「そうしたら何が実現できるかどうか証明してあげるわ」


「そうね」


「私も舞踏会に行きたいのは確かだけど」シンデレラは着ている汚い服を見ながら


「でも私を見てみて」


「ちょっとみすぼらしいわね」と妖精さん


「例えドレスがあったとしても」シンデレラはつづけて


「会場まで行く手段がないわ」


「そんなこと?」


「ぜんぶ実現できるわよ」と妖精さん


すると妖精さんは魔法の杖をシンデレラの頭に振りかざしました。


At once, Cinderella was all clean.  She was dressed in a beautiful blue gown.  Her hair was set up high on her head inside a golden band.


“This is wonderful!” said Cinderella.


“Who said I was done?” said the Fairy Godmother.  She tapped her wand again. At once, a beautiful carriage came to be, with a driver and four white horses.


その瞬間シンデレラの汚れは綺麗になり、とても綺麗な青いドレスに包まれました。シンデレラの髪は金の髪飾りで綺麗にまとめられました。


「なんてこと!」とシンデレラ


「誰がもう全部終わったと言ったの?」と妖精さん


もういちど魔法の杖を振ると、豪華な馬車が出現しました。それも運転手と4頭の白馬と共に。


“Am I dreaming?” said Cinderella, looking around her.


“It is as real, as real can be,” said the Fairy Godmother.  “But there is one thing you must know.”


“What is that?”


“All of this lasts only to midnight.  Tonight, at the stroke of midnight, it will all be over.  Everything will go back to how it was before.”


“Then I must be sure to leave the ball before midnight!” said Cinderella.


“Good idea,” said the Fairy Godmother.  She stepped back. “My work is done.” And with that, the Fairy Godmother was gone.


Cinderella looked around her.  "Did that even happen?"  But there she stood in a fine gown, and with a golden band in her hair.  And there were her driver and four horses before her, waiting.


“Coming?” called the driver.


She stepped into the carriage.  And they were off.


「私は夢をみているの?」シンデレラは周りを見渡します


「現実よりも現実の世界にいるわ」と妖精さん


「でも一つだけ絶対に知っておかなければ行けないことがあるわ」


「どんなこと?」


「この魔法は夜の12時までしかつづかないの」


「今夜の12時には全部消えてしまうわ」


「ぜんぶ元の姿に戻ってしまうの」


「そうしたら深夜までに舞踏会から帰ってくるようにするわ」とシンデレラ


「それがいいわ!」と妖精さん


妖精さんは一歩下がると「私の仕事はこれで終わりよ」


そして妖精さんはいなくなりました


シンデレラは周りを見渡して「何がおきたの?」


シンデレラは美しいドレスに包まれて金の髪飾りをつけて立っていました。そして馬車が運転手と4頭の馬と共に待っています


「行きますか?」と運転手


シンデレラは馬車に乗り込み、出発しました。


Over at the ball, the Prince did not know what to think.  “Why do you have that sad look on your face?” the Queen said to her son.  “Look around you! You could not ask for finer maidens than these.”


“I know, Mother,” said the Prince.  Yet he knew something was wrong. He had met many of the young women.  Yet after he said “hello,” one by one, he could find nothing more to say.


舞踏会では王子様の様子がすぐれません。「どうして浮かない顔をしているの?」と王妃様が息子に問いかけます。「周りをみてみなさい!これ以上の娘は望めませんよ?」


「わかってます」と王子様。それでも王子様はしっくりきていませんでした。すでに沢山の年頃の女性と出会い挨拶を交わしてきましたが、これという人とは出会えてませんでした。


"Look!"  Someone pointed to the front door.  “Who is that?”


All heads turned.  Who was that lovely maiden stepping down the stairs?  She held her head tall and looked as if she belonged. But no one knew her.


“There is something about her,” said the Prince to himself.  “I will ask her to dance.” And he walked over to Cinderella.


「みて!」誰かが玄関を指差しました。「あの人は誰?」


会場の全員が振り向きます。一人の美しい女性が階段を降りてきます。姿勢の良い立ち居振る舞いで宮殿の人かのように見えました。しかし誰も彼女のことを知りません


「彼女には何か感じる物がある」と王子様は自分に問いかけます。「一緒にダンスを申し込もう」シンデレラに歩み寄ります。


“Have we met?” said the Prince.


“I am pleased to meet you now,” said Cinderella with a bow.


“I feel as if I know you,” said the Prince.  “But of course, that is impossible.”


“Many things are possible,” said Cinderella, “if you wish them to be true.”


The Prince felt a leap in his heart.  He and Cinderella danced. When the song was over, they danced again.  And then they danced again, and yet again.


「どこかでお会いしましたか?」と王子様


「今お会いできて光栄です」とお辞儀するシンデレラ


「どこかでお会いした気がします」と王子様


「でもそんなことはありえません」


「どんなことでもありえますよ」とシンデレラ


「もしあなたがそう願うのであれば」


王子様は心を打たれました。王子様とシンデレラは踊り、次の曲になっても踊りつづけ、その次も何度も一緒に踊りました。


Soon the other maidens at the ball grew jealous.  “Why is he dancing all the time with her?” they said. “How rude!”


But all the Prince could see was Cinderella.  They laughed and talked, and they danced some more.  In fact, they danced for so long that Cinderella did not see the clock.


そのうち他の女性たちから妬みが吹き上がりました。「なんでずっとあの子とだけ踊っているの?」「なんて失礼な!」


しかし王子様の目にはシンデレラしか見えてません。二人は笑い、話し、そして踊りました。あまりにも楽しい時間を過ごしシンデレラは時計を見るのを忘れていました。


“Dong!” said the clock.


Cinderella looked up.


“Dong!” went the clock again.  


She looked up again.  “Oh, my!” she cried out.  “It is almost midnight!”


“Dong!” rung the clock.  


“Why does that matter?” said the Prince.


“Dong!” called the clock.


“I must go!” said Cinderella.  


“Dong!” went the clock.


“But we just met!” said the Prince.  “Why leave now?”


“Dong!” rung the clock.


“I must GO!” said Cinderella.  She ran to the steps.


そのとき『ゴーン』と時計が鳴りました


シンデレラは時計を見上げます


『ゴーン』時計がまた鳴ります


シンデレラはもう一度時計を見上げます


「なんてこと!」とシンデレラ


「もうすぐ夜の12時になってしまう」


『ゴーン』時計が鳴ります


「時間なんてどうでも良いよ」と王子様


『ゴーン』と時計がまた鳴ります


「行かなきゃ」とシンデレラ


『ゴーン』時計が鳴ります


「でも会ったばかりなのに」と王子様


「なんでもう帰るの?」


『ゴーン』と時計が鳴ります


「帰らないと!」とシンデレラ


“Dong!” said the clock.


“I cannot hear you,” said the Prince.  “The clock is too loud!”


“Dong!” rung the clock.


“Goodbye!” said Cinderella. Up, up the stairs she ran.


“Dong!” went the clock.


“Please, stop for a moment!” said the Prince.


“Oh, dear!” she said as one glass slipper fell off her foot on the stair.  But Cinderella kept running up.


シンデレラは階段を駆け上ります


『ゴーン』時計が鳴ります


「聞こえないよ!」と王子様「時計の音が大きくて」


『ゴーン』


「さようなら!」とシンデレラ


シンデレラは階段を駆け上がります


『ゴーン』


「お願いだから少し待ってくれ!」と王子様


「あ〜〜!」とシンデレラ


ガラスの靴が片方脱げてしまい階段に置き去りになってします。それでもシンデレラは走りつづけます。


“Dong!” said the clock.


“Please wait a moment!” said the Prince.  


“Dong!” rung the clock.


“Goodbye!” Cinderella turned one last time.  Then she rushed out the door.


“Dong!”  The clock was quiet. It was midnight.  


『ゴーン』


「少し待ってくれよ!」と王子様


『ゴーン』


「さようなら」シンデレラは最後に振り返りました。そして玄関の外まで走ります


『ゴーン』時計の音が小さく鳴りました。夜の12時です。


“Wait!” called the Prince.  He picked up her glass slipper and rushed out the door.  He looked around but could not see her blue dress anywhere.  “This is all I have left from her,” he said, looking down at the glass slipper.  He saw that it was made in a special way, to fit a foot like none other. “Somewhere there is the other glass slipper,” he said.  “And when I find it, I will find her, too.  Then I will ask her to be my bride!”


「待って!」と王子様が叫びます。王子様は階段に残されたガラスの靴を拾って、玄関まで走りました。しかし青いドレスを着たシンデレラの姿はどこにも見当たりません。「この靴が唯一の手がかりだ」。王子様はガラスの靴を見つめながら言いました。ガラスの靴はシンデレラの足にしかはおさまらないように特別な作りになっていました。「もう片方のガラスの靴もどこかにあるはずだ」と王子様。「その靴を見つければ彼女も見つけることができる」「そして結婚を申し込もう」


From hut to hut, from house to house, went the Prince.  One young woman after another tried to fit her foot inside the glass slipper.  But none could fit. And so the Prince moved on.


At last the Prince came to Cinderella’s house.  


王子様は家という家を訪れます。若い女性が一人づつガラスの靴に足を入れてみます。しかし誰も入れることができません。それでも王子様は諦めませんでした。


そしてついに王子様がシンデレラの家にもやってきました。


“He is coming!” called one step-sister as she looked out the window.


“At the door!” screamed the other step-sister.  


“Quick!” yelled the stepmother.  “Get ready! One of you must be the one to fit your foot in that slipper.  No matter what!”


「来たわよ!」と義理の姉が窓をみながら叫びます。


「ドアの前いにいるわ!」と他方の姉


「早くおよし!」と義理の母がまくしたてます。「準備しなさい!二人のうちどちらかは必ず靴に足を入れなさい」「何がなんでもよ!」


The Prince knocked.  The stepmother flew open the door.  “Come in!” she said. “I have two lovely daughters for you to see.”


The first step-sister tried to place her foot in the glass slipper.  She tried hard, but it just would not fit. Then the second step-sister tried to fit her foot inside.  She tried and tried with all her might, too. But no luck.


王子様がドアをノックします。義理の母が勢いよくドアを開けます。「お入りください」と義理の母「うちには王子様にお見せする2人の美しい娘がおります」


1人目の義理の姉が足をガラスの靴に入れます。力強く入れようとしますが入りません、2人目の義理の姉も入れようとします。全身全霊で足を入れますが、入りません。


“None,” said the stepmother.


“Then I must go,” said the Prince.


“Maybe there is one more,” said Cinderella, stepping into the room.


“I thought you said there were no other young women here,” said the Prince.


“None who matter!” said the stepmother in a hiss.


“Come here,” said the Prince.


「他に若い女性はいらっさいますか?」と王子様


「いません」と義理の母


「それでは次へ向かいます」と王子様


「もしかしたらもう1人いるかもしれません」とシンデレラが部屋に入ってきました


「若い女性は2人しかいないと聞きましたが?」と王子様


「あなた様には関係ありません」と義理の母が不満そうに言います


Cinderella stepped up to him.  The Prince got down on one knee and tried the glass slipper on her foot.  It fit perfectly! Then, from her pocket Cinderella took out something. It was the other glass slipper!


“I knew it!” he cried.  “You are the one!”


「こちらへ」と王子様。シンデレラが王子様に近寄ります。王子様は膝をついて座り、ガラスの靴を足にはめました。完璧に入りました。そしてシンデレラはポケットからあるものを見せました。それはもう片方のガラスの靴でした。


「やっぱり!」と王子様は大喜び。「君があの時の!」


“WHAT?” shouted a step-sister.  


“Not HER!” screamed the other step-sister.


“This cannot BE!” yelled the stepmother.  


But it was too late.  The prince knew that Cinderella was the one.  He looked into her eyes. He did not see the cinders in her hair or the ashes on her face.


“I have found you!” he said.


“And I have found you,” said Cinderella.


And so Cinderella and the Prince were married, and they lived happily ever after.


「どういうこと?」義理の姉が叫びます


「この子なわけないわ!」ともう一方の姉


「ありえない!」と義理の母


しかし意味はなく


王子様はシンデレラが靴の持ち主を確信していました。王子様はシンデレラの目を見つめて、髪についた燃えかすや、顔についたススには目も向けず


「ようやく見つけられた」とシンデレラにささやきます


「私もあなたを見つけました」とシンデレラ


そしてシンデレラと王子様は結婚し、幸せに一生暮らしました。


原文提供:Stories Grow By










  • YouTube
  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter

​会員向けページ

© 2020, ELT SCHOOL OF ENGLISH LIMITED. all rights reserved.